On7「その頬、熱線に焼かれ」 原爆乙女の矛盾と葛藤を活写

公開日:

 劇団チョコレートケーキの古川健が2015年に新劇女優7人のユニットであるOn7(オンナナ)第2回公演のために書き下ろした作品で、演出は日澤雄介。

 原爆投下から10年の1955年。広島で被爆し、顔や腕、脚などにケロイドが残った独身女性25人が選ばれ、最先端医療のアメリカで整形手術を受けるために渡米する。彼女たちは「原爆乙女」と呼ばれた。

 舞台はニューヨークの病院ロビー。手厚い看護と献身的な医師たちにより手術は順調に進んでいたが、智子(安藤瞳=青年座)が術後に原因不明のまま死亡する。さほど難しい手術ではなかったことから医師、関係者、そして手術を控える女性たちに動揺が広がる。

 敏子(尾身美詞=青年座)、昭代(吉田久美=演劇集団円)、節子(保亜美=俳優座)、信江(小暮智美=青年座)、弘子(渋谷はるか=文学座)。開きっぱなしの目、癒着した口……障害はさまざま。手術が成功し、帰国を待つばかりの美代子(下池沙知=文学座)もいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る