• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

帝国ホテルに大行列が…香取慎吾のショップに行ってみた

 えっ! 入店まで1時間待ちとは驚いた。元SMAPの香取慎吾(41)が立ち上げたオリジナルブランド「ヤンチェ オンテンバール」なる洋服店。帝国ホテルプラザ(東京・千代田区)内に唯一店舗を構え、オープン翌日(26日)の各スポーツ紙には“提灯記事”が並んでいたが、週明けの平日、日刊ゲンダイ記者が店を訪れてみると、本当に客でゴッタ返しているからビックリだ。入店を待つ列は、店先と共有スペースにある階段と二手に分かれ、黒服のスタッフが複数人で誘導しているではないか。

■1着15万円!

 シャネルやエスカーダ、アクリスといった高級ブランドと軒を並べる堂々たる店構え。一度では覚えられない店名は、オランダ語でやんちゃ坊主(ヤンチェ)とおてんば娘(オンテンバール)を掛け合わせた造語なんだとか。モード界のカリスマで「実際に実力のある大御所」(ファッション誌編集者)だというスタイリストの祐真朋樹氏(53)とタッグを組み、衣服だけではない本格志向のオリジナル商品を売り出していくという。目玉商品のコートは過去にはバーバリーをライセンス販売していた三陽商会が手がけ、帽子は麻生財務相御用達のボルサリーノ、コスメ類はCMキャラクターを務めるアンファーが共同企画・開発に携わるこだわりよう。タレントの余技やママゴトではない、しっかりと戦略が練られた本気のビジネスを感じさせるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  5. 5

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    大坂に体作りとコートへの集中力を促したコーチの手練手管

もっと見る