なぜ香取慎吾が? “ルーブル美術館”で個展デビューの裏側

公開日:

 くしくも(?)元同僚の次女のモデルデビューの発表と重なった香取慎吾(41)の個展デビュー。世界最多の来館者数740万人(2016年)を誇る仏パリのルーブル美術館で開くなんてそうそうかなうものではない。

 日仏友好160年を記念し、パリを中心に開催される芸術祭「ジャポニスム2018:響きあう魂」の公式企画として9月19日から2週間、展示される内閣肝いりのプロジェクトの一環。公式企画の出し物はほかに松竹大歌舞伎や若冲展、安藤忠雄展、能楽、日舞などなど日本を代表する文化や著名人の展覧会がズラ~リ。

 “国技”ともいわれる大相撲の紹介は5億円もの莫大なカネがかかるため断念されたとはいえ、そうそうたるラインアップの中で一体なぜ、新人アーティストである香取に白羽の矢が立ったのか。

 昨年10月に開催された日本財団主催のアート企画展で、安倍首相との親密ツーショットを披露したのは記憶に新しいが、今回の香取の展覧会の「『多様な日本文化を紹介する』という趣旨と合致するため」(ジャポニスム2018事務局)だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る