安倍首相も“後ろ盾”に 元SMAP香取慎吾の止まらない快進撃

公開日:

 SMAP時代には見せなかった満面の笑みは、これ以上ない“後ろ盾”を得た安心感と未来への希望からだろうか。

「作家の香取慎吾です。初めて作家として呼んでいただいて大変喜んでいます」と語ったのは、元SMAPの香取慎吾(40)。30日、都内で行われている障害者の芸術文化支援を目的とする日本財団主催の「ミュージアム・オブ・トゥギャザー」展に安倍晋三首相(63)が来場し、作品の出品者でもある香取が案内役を務めた。

 安倍首相は「多様性、個性を感じます」とコメント。香取は自作の「火のトリ」について「心の中で思いが煮詰まり羽ばたいて次に進める、そんな絵です」と解説した。それにしてもだ。ジャニーズ事務所を退所して約2カ月。当初は1年間はジャニーズに気づかいしてジッとおとなしくしているとみられた元SMAP3人衆。ところがネット、映画、ローカル局出演と展開が早いのなんの。更に時の総理とイベントでツーショットまで披露とは怒涛の快進撃である。芸能評論家の肥留間正明氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る