安倍首相も“後ろ盾”に 元SMAP香取慎吾の止まらない快進撃

公開日: 更新日:

 SMAP時代には見せなかった満面の笑みは、これ以上ない“後ろ盾”を得た安心感と未来への希望からだろうか。

「作家の香取慎吾です。初めて作家として呼んでいただいて大変喜んでいます」と語ったのは、元SMAPの香取慎吾(40)。30日、都内で行われている障害者の芸術文化支援を目的とする日本財団主催の「ミュージアム・オブ・トゥギャザー」展に安倍晋三首相(63)が来場し、作品の出品者でもある香取が案内役を務めた。

 安倍首相は「多様性、個性を感じます」とコメント。香取は自作の「火のトリ」について「心の中で思いが煮詰まり羽ばたいて次に進める、そんな絵です」と解説した。それにしてもだ。ジャニーズ事務所を退所して約2カ月。当初は1年間はジャニーズに気づかいしてジッとおとなしくしているとみられた元SMAP3人衆。ところがネット、映画、ローカル局出演と展開が早いのなんの。更に時の総理とイベントでツーショットまで披露とは怒涛の快進撃である。芸能評論家の肥留間正明氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

もっと見る