団結力も好評 香取が平昌パラ五輪で“新しい地図”拡張中

公開日:

 元SMAPの香取慎吾(41)がパラ五輪を応援に訪韓、日本財団パラリンピックサポートセンター(パラサポ)のスペシャルサポーターとしてイベントに出演するほか、競技も観戦し、精力的に活動中だ。

 同サポーターは2015年にSMAPが就任していたが、16年の12月末にSMAPが解散。その後、香取、稲垣吾郎(44)、草なぎ剛(43)の3人が継続。4日に都内で行われた「パラ駅伝 in TOKYO 2018」ではサプライズで新曲「雨あがりのステップ」を披露したことも話題になり、パラのサポーターは完全にジャニーズから“新しい地図”に引き継がれた形になった。

 芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「香取さんが芸術活動を通して障害者の子供たちと広くコミュニケーションをとっていた功績をパラサポ側が評価したのだと思います。3人の活動は常に“団結力”も感じられてポイントも高い」

 “新しい地図”は着実に活躍の場を広げている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

  7. 7

    革新機構社長ブチ切れ会見…経産省「朝礼暮改」の実態暴露

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  10. 10

    狙いはマクロン降ろしか 黄色いベスト運動にトランプの影

もっと見る