• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

団結力も好評 香取が平昌パラ五輪で“新しい地図”拡張中

 元SMAPの香取慎吾(41)がパラ五輪を応援に訪韓、日本財団パラリンピックサポートセンター(パラサポ)のスペシャルサポーターとしてイベントに出演するほか、競技も観戦し、精力的に活動中だ。

 同サポーターは2015年にSMAPが就任していたが、16年の12月末にSMAPが解散。その後、香取、稲垣吾郎(44)、草なぎ剛(43)の3人が継続。4日に都内で行われた「パラ駅伝 in TOKYO 2018」ではサプライズで新曲「雨あがりのステップ」を披露したことも話題になり、パラのサポーターは完全にジャニーズから“新しい地図”に引き継がれた形になった。

 芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「香取さんが芸術活動を通して障害者の子供たちと広くコミュニケーションをとっていた功績をパラサポ側が評価したのだと思います。3人の活動は常に“団結力”も感じられてポイントも高い」

 “新しい地図”は着実に活躍の場を広げている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  3. 3

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  4. 4

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  5. 5

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  6. 6

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

もっと見る