初主演舞台に挑戦 サヘル・ローズがさらけ出す弱さと心の闇

公開日:

 テレビ、映画で活躍する女優サヘル・ローズが初の本格的主演を務める新宿梁山泊第64回公演「恭しき娼婦」が10月10日から始まる(池袋・東京芸術劇場シアターウエストで14日まで)。

 男たちの野望や時代に翻弄される一人の女を描いたもので、原作はフランスの文学者サルトルの小説。

「演出の金守珍さんから今回のお話をいただいた時はとってもうれしくて信じられないくらいでした。日本では2つの国籍を持つ“ダブル”の方の活躍の場は比較的あるように思いますが、私のような外国人の“居場所”は少なく、ずっと悔しい思いをしてきました。3年前に金さん演出の『新宿版千一夜物語』に出演した時に『いつかサヘルを主役にしたシリアスなものをやりたい』とおっしゃってくれたので、こんなに早く実現したことが夢のようです」

■「凄いものを見た」言ってくれたら

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る