"中田ジャパン"の視聴率もけん引?「副音声」が人気のワケ

公開日:

 "中田ジャパン"が2次ラウンド進出を決めて「赤坂(TBS)周辺も活気がある」(テレビ誌記者)らしい。

 TBSで連日放送中の「2018世界バレー女子大会-JAPAN-」の話。改編期の特番が並ぶ中、視聴率で2ケタ台をたたき出すなど健闘している。

「来週の3次ラウンドを切り抜け、19日からのファイナルラウンドに進めば、赤坂はさらに盛り上がるでしょう」(前出のテレビ誌記者)

 その世界バレーの盛り上がりに一役買っているのが、「番組の『副音声』ですね」と、テレビコラムニストの亀井徳明氏がこう言う。

「実況アナが絶叫する『主音声』と違い、視聴者目線で見やすいと評判です。元全日本選手の山本隆弘氏が、毎試合2人のゲストとともに副音声を担当。ゲストというのが、テニスの沢松奈央子氏とタレントの小島瑠璃子だったり、サッカーの松木安太郎氏と槙野智章だったり。ゲストがバレーに精通していないぶん、視聴者に近い素直なリアクションをしています。解説の山本氏がそれを静かに受け止め、分かりやすく説明してくれるのが好評のようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る