T・スウィフトは民主党支持 変わる芸能界と政治の距離感

公開日: 更新日:

 アメリカ人歌手のテイラー・スウィフト(28)が8日、インスタグラムで民主党支持を投稿して話題になっている。「自分の肌の色、性別、性的指向にかかわらず、すべてのアメリカ人の尊厳のために戦う気にならない人に投票することはできない」とハッキリ意思表示をしたことで9日現在170万以上の「いいね!」を獲得。トランプ大統領が「テイラーの音楽が25%くらい嫌いになった」と応戦したこともあり、世界中に拡散した。

 テイラーは今まで政治的な発言はしてこなかったが、反トランプ宣言で旗幟を鮮明に。これで白人至上主義者の支持は失ったものの、若者からは絶大な支持を集めたともっぱらだ。

 アメリカではロバート・デ・ニーロやブルース・スプリングスティーンなど俳優や歌手が支持政党や政治信条を明らかにするのはフツーだが、翻って日本の芸能界ではマレだ。日本ではタレントが政治の話をすることはCMなどスポンサーへの配慮もあってタブー扱い。8月に安室奈美恵(41)が翁長沖縄県知事の逝去の際、自身のサイトで追悼のメッセージを述べたことは驚きをもって受け止められた。安室の言動はその後の知事選へも影響を与えたが、政治評論家の有馬晴海氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  5. 5

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  6. 6

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る