てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

吉村崇の見事な“さばき方”で不穏な空気は笑いに変わる

公開日: 更新日:

「見てください! 素晴らしい月が出ています!」(吉村崇/TBS「水曜日のダウンタウン」10月3日放送)

「ねえ、吉村の何がいいの?」とマツコ・デラックスは平成ノブシコブシの吉村崇(38)とプライベートでも仲が良い有吉弘行に向かって尋ねた(テレビ朝日「かりそめ天国」18年9月19日)。

 これは私生活に対する疑問だが、テレビを見ている側からしても同じ疑問を持っている人は少なくないだろう。うるさいだけであまり面白いとも思えないのに、数多くのテレビ番組に出ている。「何がいいの?」と。

 有吉は「テレビでは伝わりにくい」と前置きしつつ、収録後、食事などに行く時に「めちゃくちゃ面白い」と答え、マツコも「実は自分も仲がいい」と補足していた。やはりテレビでは伝わりにくいのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  7. 7

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  8. 8

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る