てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

古舘伊知郎の真骨頂はギリギリのラインを狙うフレーズの力

公開日:

「ウケ狙いしたくてしょうがない。印象づけたいんですね」(古舘伊知郎/フジテレビ「名曲お宝音楽祭」9月26日放送)

 古舘伊知郎(63)が、「夜のヒットスタジオDELUXE」(フジテレビ)での自らの司会っぷりを振り返りながら言った言葉を今週は取り上げたい。

「ウケ狙い」における古舘の最大の武器は何といっても「フレーズ」の力。古舘はゲストのミュージシャンたちに、プロレス実況時代に培ったキャッチフレーズをつけていった。

 たとえば、由紀さおりは「歌う年齢当てコンテスト」、尾崎紀世彦は「鼓膜破りの荒法師」、和田アキ子は「日本の動く自由の女神」。相手が怒るか怒らないかのギリギリのラインを狙い、場をピリッとさせることが古舘の真骨頂だ。

 そんな「夜ヒット」の中でも屈指のピリッとしたシーンといえるのが、甲本ヒロト率いるザ・ブルーハーツがゲストに訪れたときだろう。それは1987年の年末スペシャル。この年にメジャーデビューした彼らは一部の若者のカリスマだったが、世間的には無名。もちろんゴールデンタイムの番組には初出演だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る