てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

「お笑いは福祉」が原点…サンド伊達みきおが愛される理由

公開日:

「僕ら好感度を落とそうと思って、あれをやったんです」(伊達みきお/テレビ朝日「イッテンモノ」9月5日放送)

 いまや伝説と言っても過言ではないコーナーがある。「バイキング」(フジテレビ)の「地引き網クッキング」だ。いまでこそ「バイキング」は、坂上忍を軸にした「生ホンネトークバラエティー」だが、番組開始当初は、お笑い色も強かった。その中でも出色だったのが「地引き網クッキング」だ。

 サンドウィッチマンの2人が日本各地の海岸に赴き、地元の人たちが集まる中、地引き網漁を行い、その場で調理するコーナーだった。だが、生放送ゆえにハプニング続出。目当ての魚が捕れないことも少なくなく、ついには「見ている人も共犯だ」と、堂々と「やらせ」宣言までしたりもした。そして、なんといっても目が離せなかったのは地元とサンドウィッチマンのやりとり。暴言を吐き怒らせてしまうこともあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る