てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

「お笑いは福祉」が原点…サンド伊達みきおが愛される理由

公開日:

「僕ら好感度を落とそうと思って、あれをやったんです」(伊達みきお/テレビ朝日「イッテンモノ」9月5日放送)

 いまや伝説と言っても過言ではないコーナーがある。「バイキング」(フジテレビ)の「地引き網クッキング」だ。いまでこそ「バイキング」は、坂上忍を軸にした「生ホンネトークバラエティー」だが、番組開始当初は、お笑い色も強かった。その中でも出色だったのが「地引き網クッキング」だ。

 サンドウィッチマンの2人が日本各地の海岸に赴き、地元の人たちが集まる中、地引き網漁を行い、その場で調理するコーナーだった。だが、生放送ゆえにハプニング続出。目当ての魚が捕れないことも少なくなく、ついには「見ている人も共犯だ」と、堂々と「やらせ」宣言までしたりもした。そして、なんといっても目が離せなかったのは地元とサンドウィッチマンのやりとり。暴言を吐き怒らせてしまうこともあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  9. 9

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る