著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年生まれのテレビっ子ライター。「芸能界」というビジネスは、いかにして始まったのか。貴重な証言を収録した「芸能界誕生」(新潮新書)。伝説の番組「アメリカ横断ウルトラクイズ」を基に描く青春群像ノンフィクションノベル「史上最大の木曜日 クイズっ子たちの青春記」(双葉社)。2つの最新著が絶賛発売中!

南キャン山里亮太 エネルギーの源は“理想の自分”への嫉妬

公開日: 更新日:

「絶対に落としちゃいけないノートだと思います」(山里亮太/TBS「ゴロウ・デラックス」9月20日放送)

 南海キャンディーズの山里亮太(41)は番組で一冊のノートを開いた。そこには荒々しい字で「忘れるな!! 必ず復讐する!!」などとつづられている。そんなノートを見せながら言った言葉を今週は取り上げたい。あまりの筆圧に「ボールペン、シャーペンが悲鳴を上げてました」と。

 山里亮太は嫉妬と怒りでできている。まず最初にその対象になったのは、よしもとの養成所、NSCの同期であるキングコングだった。入学当初から際立ったスター性とお笑いセンスで頭角を現していた彼らは、山里に劣等感や挫折感を与えるのに十分な存在だった。

 講師に特別扱いされ、脚光を浴び続けるキングコングに、山里は嫉妬と怒りをぶつけるようにネタを書き続けた。次に山里に嫉妬の感情を芽生えさせたのは、他ならぬ相方のしずちゃんだった。

 しずちゃんはもともと、山里が“スカウト”してコンビを組んだ仲。自分の長所やしずちゃんの特長を分析し、自分ならこうして彼女の良さを引き出すことができるとノートに書き連ね、プレゼンし射止めたのだ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方