井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

アムステルダム観光客抑制に大賛成 東京も倣ったらどうだ

公開日: 更新日:

 テレビをつけたら、またアメリカで銃乱射事件のニュース。ピッツバーグのユダヤ教の礼拝所で「ユダヤ人は白人の敵だ」とSNSに書きこんでいた白人がやってのけた。移民が増える中、今は無差別掃射じゃなく「差別による殺人」まではやりだした。間違いなく、トランプの“すべてに排他的なアメリカ第一政策”が建国以来ずっとある「白人至上主義」を蘇らせた結果だろう。まだまだ子どもの国だ。

 そんな所に行きたくないし、暮らしたくもない。アメリカは観光や留学や移住の値打ちも下げてしまった。じゃ、どこが生きやすいか。日本なんて周りの人間はウザいし、トランプ顔負けの自分第一の「自分だけ主義者」が腐るほどいるし、一番生きにくい国だ。

 田舎のカフェで大好きなアイリッシュコーヒーを飲んでたら、「アムステルダム、観光客を抑制」という新聞記事が目に留まり、面白かった。世界中の国が観光客の呼びこみに必死なのに、オランダの首都アムステルダムだけは逆に客の追い出しにかかっているというのだ。これは大賛成だな。オレもうるさく騒ぐやつがいると、その場から追い出してやりたいし、追い出せなかったらこっちから消えてやる。東京ドームのコンサートや野球の試合も大っ嫌い。それはどうでもいいか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る