井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

アムステルダム観光客抑制に大賛成 東京も倣ったらどうだ

公開日: 更新日:

 テレビをつけたら、またアメリカで銃乱射事件のニュース。ピッツバーグのユダヤ教の礼拝所で「ユダヤ人は白人の敵だ」とSNSに書きこんでいた白人がやってのけた。移民が増える中、今は無差別掃射じゃなく「差別による殺人」まではやりだした。間違いなく、トランプの“すべてに排他的なアメリカ第一政策”が建国以来ずっとある「白人至上主義」を蘇らせた結果だろう。まだまだ子どもの国だ。

 そんな所に行きたくないし、暮らしたくもない。アメリカは観光や留学や移住の値打ちも下げてしまった。じゃ、どこが生きやすいか。日本なんて周りの人間はウザいし、トランプ顔負けの自分第一の「自分だけ主義者」が腐るほどいるし、一番生きにくい国だ。

 田舎のカフェで大好きなアイリッシュコーヒーを飲んでたら、「アムステルダム、観光客を抑制」という新聞記事が目に留まり、面白かった。世界中の国が観光客の呼びこみに必死なのに、オランダの首都アムステルダムだけは逆に客の追い出しにかかっているというのだ。これは大賛成だな。オレもうるさく騒ぐやつがいると、その場から追い出してやりたいし、追い出せなかったらこっちから消えてやる。東京ドームのコンサートや野球の試合も大っ嫌い。それはどうでもいいか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る