井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

トランプ大統領よ、あんたはレンコンの味など知らんだろ

公開日: 更新日:

 食欲の秋だ。トランプ大統領よ、あんたは何を食らって政治をしてるんだ? うまいもんの味がほんとに分かっているのか? ビッグバーガーとフライドチキンばっかりじゃないのか。わらじのようなステーキか? 大して味のないボストンのロブスターか? 中国や日本貿易不均衡で脅し外交をやりたいのなら、うまいものを食らってからにしろよ。

 田舎にいると、食いものが断然うまい。地元で取れたものをよばれる(食べる)のは礼儀だし、地産地消、国産国消こそ社会の基本ルールだと思う。ふらりと寿司屋に入ってもすべてがうまくて安い。高くてまずい東京に戻るのがアホらしくなってくる。

 穴が何本もあいてるから「幸先がよく見える」と言われて縁起を担いで正月のおせちにもちゃんと出るのがレンコンだ。カウンターに座るなり、今日のおすすめに書かれた「レンコンの天ぷら」を頼んだ。頼むだけで心が豊かになる。板前さんにやぼを承知で聞くと「もちろん県内の蓮田の泥付きですよ」と言われた。煮た状態でスーパーに並んでる安いのは中国産だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  7. 7

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  10. 10

    原監督の隣で評価上げる“参謀”巨人・元木ヘッドの万能ぶり

もっと見る