女優・赤木春恵さん94歳で死去 「おしん」「渡鬼」で活躍

公開日:

 女優の赤木春恵さんが、29日午前5時7分に、都内の病院で心不全のため亡くなった。94歳だった。

 1924年に旧満州で生まれ、40年に女優デビュー。「おしん」「3年B組金八先生」「渡る世間は鬼ばかり」など数々の人気ドラマに出演。ホームドラマに欠かせない存在として幅広い年代に親しまれた。

 89歳の時には映画「ペコロスの母に会いに行く」で初主演。世界最高齢で映画に初主演した女優としてギネス世界記録に認定された。13年の毎日映画コンクールでは同作で女優主演賞に輝いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る