女優・赤木春恵さん94歳で死去 「おしん」「渡鬼」で活躍

公開日: 更新日:

 女優の赤木春恵さんが、29日午前5時7分に、都内の病院で心不全のため亡くなった。94歳だった。

 1924年に旧満州で生まれ、40年に女優デビュー。「おしん」「3年B組金八先生」「渡る世間は鬼ばかり」など数々の人気ドラマに出演。ホームドラマに欠かせない存在として幅広い年代に親しまれた。

 89歳の時には映画「ペコロスの母に会いに行く」で初主演。世界最高齢で映画に初主演した女優としてギネス世界記録に認定された。13年の毎日映画コンクールでは同作で女優主演賞に輝いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  6. 6

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  7. 7

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  8. 8

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  9. 9

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

  10. 10

    「いきなり!ステーキ」米国上場廃止 NYでなぜ総スカン?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る