ついに賞味期限切れ?「麻世・カイヤ劇場」年明け最終章へ

公開日:

 タレントの川崎麻世(55)が妻カイヤ(56)と離婚裁判を行っていることを明かしてから、はや2カ月。この間、麻世の自宅マンションが火災に遭ったり、熱愛報道が飛び出すなど、別の話題が次々と盛り込まれ、もはや本題が何だったのか忘れられつつある。

 おさらいすると、麻世が離婚裁判を進めていることをブログで明かしたのは先月10日のこと。2年前から離婚調停の申し立てを行っていたが、カイヤがこれに応じなかったため、東京家裁に提訴。途中でカイヤ側の代理人が代わり、10月30日に予定されていた第1回口頭弁論が延期され、今月27日に代理人が証拠提出をする弁論準備手続きが行われる予定だ。“恐妻家”“離婚スルスル詐欺”と2人は立場を変化させながら芸能界で話題を振りまき続けたが、28年目にして「麻世・カイヤ劇場」も“終幕”というわけである。

 そこまでして麻世が離婚にこだわる理由が、恋人の存在である。相手は34歳のタレントで、すでに同棲していることも明らかに。しかし、麻世は別居してすでに14年が経過しているものの、カイヤが籍を抜かない限り彼女とは不倫関係だ。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る