魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

公開日:

「オジサンとオバサンのドロ沼不倫ドラマだけど、突き抜けていて面白い」(テレビ誌ライター)と業界内でも評判なのが、テレビ朝日系の土曜ナイトドラマ「あなたには渡さない」(夜11時15分)だ。

 木村佳乃(42)演じる主人公・通子が、「ご主人をいただきにまいりました」と突如現れる水野美紀(44)演じる夫の愛人・多衣と対決する。愛憎入り乱れたドロドロの不倫ドラマ。

 登場する女性の多くが愛人で、80年代に流行した大映ドラマを彷彿させる大げさなナレーション、「クサイ」ととられかねないような役者陣の独特のセリフ回しや仕草、インパクト大のセリフの数々……どれをとっても時代に逆らうかのような作り方なのだが、一度観たら忘れられない濃厚さだ。大真面目に熱演する役者陣の中でも、ひときわ目立つのは、木村が経営する高級料亭の女将代理を演じる荻野目慶子(54)だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

もっと見る