• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

荻野目洋子が人前結婚式 姉・慶子が「いい母」と驚く理由

「ヨーたんがこんなにいいお母さんになるなんて、誰も想像していなかったから」と姉の荻野目慶子(51)から言われているという。ヒット曲「ダンシング・ヒーロー」などで知られる80年代アイドル、荻野目洋子(47)が、このほどシビルウエディング(人前結婚式)を行った。

 相手は高校の同級生で、元テニス日本代表の辻野隆三さん(47)。2001年に結婚するも、多忙で挙式しないまま、15年が経過。純白のウエディングドレスに身を包んだ荻野目は「元気に生まれてきてくれた3人の子どもに感謝。一日一日を大切に、支え合ってきたからこそのプレゼント」と瞳を潤ませた。

「荻野目ちゃんは中2の長女を筆頭に、3姉妹を子育て中のママ。自由奔放に育てる教育方針だそうです。姉の慶子によると洋子は子ども時代、頑固で人見知りで野菜嫌いで、相当偏屈だったらしく、だからこそ、『いいお母さんになった』と驚いているのです。1984年の歌手デビューは同期に岡田有希子、菊池桃子、吉川晃司、長山洋子らがいる輝かしい時代。頑張り屋の彼女らしく、その後の人生も自ら切り開いて幸せをつかんだのでしょう」(スポーツ紙記者)

 中高年ファンも祝福しているに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  2. 2

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る