荻野目洋子が人前結婚式 姉・慶子が「いい母」と驚く理由

公開日: 更新日:

「ヨーたんがこんなにいいお母さんになるなんて、誰も想像していなかったから」と姉の荻野目慶子(51)から言われているという。ヒット曲「ダンシング・ヒーロー」などで知られる80年代アイドル、荻野目洋子(47)が、このほどシビルウエディング(人前結婚式)を行った。

 相手は高校の同級生で、元テニス日本代表の辻野隆三さん(47)。2001年に結婚するも、多忙で挙式しないまま、15年が経過。純白のウエディングドレスに身を包んだ荻野目は「元気に生まれてきてくれた3人の子どもに感謝。一日一日を大切に、支え合ってきたからこそのプレゼント」と瞳を潤ませた。

「荻野目ちゃんは中2の長女を筆頭に、3姉妹を子育て中のママ。自由奔放に育てる教育方針だそうです。姉の慶子によると洋子は子ども時代、頑固で人見知りで野菜嫌いで、相当偏屈だったらしく、だからこそ、『いいお母さんになった』と驚いているのです。1984年の歌手デビューは同期に岡田有希子、菊池桃子、吉川晃司、長山洋子らがいる輝かしい時代。頑張り屋の彼女らしく、その後の人生も自ら切り開いて幸せをつかんだのでしょう」(スポーツ紙記者)

 中高年ファンも祝福しているに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  3. 3

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  4. 4

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  5. 5

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  6. 6

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  7. 7

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  8. 8

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  9. 9

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

  10. 10

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る