キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

公開日: 更新日:

「黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~」(フジテレビ系)がアラフィフ世代に人気だという。視聴率は6%台とジリ貧状態なのに、ドラマのあら探しをする熱狂的な“ファン”がいるらしい。

 最近のファンのブームは、主役・佐々木蔵之介(50)の演技の“監視”のようで、不倫相手役・黒木瞳(58)とのキスシーンについて、〈蔵之介のキス下手すぎる〉〈なんでタコチューみたいな口になるの? 気持ち悪いんだけど〉といった声が上がっている。“掃除機バキュームキス”なんて下品な命名まであるほどだ。

「佐々木は主役を張れる日本の男優の中でトップ10に入るほどの実力派。2009年からシリーズ化されたドラマ『ハンチョウ~神南署安積班~』でのシリアスな刑事役がハマり、一躍トップ俳優の仲間入りをしました。話題のキスシーンも佐々木ならでは、の演出かもしれません」(芸能ライター・弘世一紀氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  7. 7

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  8. 8

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  9. 9

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  10. 10

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

もっと見る