キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

公開日:

「黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~」(フジテレビ系)がアラフィフ世代に人気だという。視聴率は6%台とジリ貧状態なのに、ドラマのあら探しをする熱狂的な“ファン”がいるらしい。

 最近のファンのブームは、主役・佐々木蔵之介(50)の演技の“監視”のようで、不倫相手役・黒木瞳(58)とのキスシーンについて、〈蔵之介のキス下手すぎる〉〈なんでタコチューみたいな口になるの? 気持ち悪いんだけど〉といった声が上がっている。“掃除機バキュームキス”なんて下品な命名まであるほどだ。

「佐々木は主役を張れる日本の男優の中でトップ10に入るほどの実力派。2009年からシリーズ化されたドラマ『ハンチョウ~神南署安積班~』でのシリアスな刑事役がハマり、一躍トップ俳優の仲間入りをしました。話題のキスシーンも佐々木ならでは、の演出かもしれません」(芸能ライター・弘世一紀氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る