小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

「とくダネ!」天達武史 生かされるファミレス勤務の経験

公開日: 更新日:

診断結果は…「良」

 10日から強い寒気の影響で本格的な冬を迎えた日本列島。各局とも気象情報コーナーを長めにとって対応した。こんな時こそ気象予報士の手腕が問われる。目立っていたのがフジテレビ系「とくダネ!」の天達武史だ。

「なるほど」と膝を打ったのが11日の図表。横に0~10度の気温、縦に30~100%の湿度を表したもので、「今夜、雪か雨になるか、日光から南は微妙ですね。雪が降るかどうかは気温だけでは決まらないんです。もうひとつ湿度が重要になってきます」とサブキャスターの伊藤利尋とやりとりしながら解説した。8度と90%が直線で結ばれている図表に5度と80%を結んだ線を加え、当初から書き込まれていた直線と書き加えた線の間を指しながら、「この間の気温と湿度になると、みぞれになります」と説明し、「東京は冷たい雨になりそうです」と続けた。言うまでもなく当初の直線の右上が雨の可能性、左下は雪の可能性が高いことを示している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  5. 5

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  10. 10

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る