三浦雄一郎氏を“故人”扱い 「とくダネ!」打ち切り論加速

公開日: 更新日:

 情報番組にあるまじきお粗末なミスだ。8日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)が、冒険家の三浦雄一郎さん(85)を誤って「故・三浦雄一郎さん」と顔写真とともに表示してしまったのである。

 番組では9日開会式を迎える平昌五輪に向け、マラソンの増田明美サンばりの「詳し過ぎる解説者」として元モーグル日本代表の三浦豪太氏にインタビューを敢行。五輪の見どころなどを聞く中で、三浦氏の実父である雄一郎さんとのツーショット写真を流したのだが、まさかの故人扱いで紹介したのだ。

 これにはMC小倉智昭(70)も、平謝り。VTR明けに開口一番「たいっへん、失礼なスーパーを流してしまいました。申し訳ありません!」などと謝罪したのだった。

 視聴者からすれば、このような初歩的なミスがなぜ起きたのか不思議でしょうがない。だが、人手不足かつ分業化が進むテレビ業界では「時折ある」という声もあり、「元気な人を故人扱いして放送してしまった場合、当事者や関係者らは笑い飛ばしてくれる。逆に故人を存命扱いした場合の方が厄介で、遺族からクレームが入るケースが多い」(情報番組制作関係者)なんて裏話も聞こえてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  7. 7

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  8. 8

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    脚本家・三谷幸喜さんが語る“シットコム”への新たな思い

もっと見る