R-1運営批判で物議を醸したマイナー芸人・キートンの今後

公開日: 更新日:

 とろサーモン久保田らによる“「M―1」審査員批判騒動”に続き、ピン芸人ナンバーワンを決定する「R―1ぐらんぷり」でも、予選敗退した芸人が審査員を批判する騒動が起きて波紋が広がっている。

 芸人のキートン(45=よしもとクリエイティブ・エージェンシー)が、1月24日に開催された同大会の3回戦で敗退し、それに関して29日、ツイッターで怒りを爆発させているのだ。

「自分で言うのもなんですが、あれだけウケて落とされたら誰でも怒ります」とした上で、手書きの長文の写真もアップ。そこには「私は意図的に落とされたと思っている。なぜなら3回戦の私は相当ウケたから」「『R―1詐欺』だよね」「おもしろくねー奴が、おもしれーと思ってる芸人集めて仲良くコンテストごっこしてれば?」(いずれも原文ママ)などと書かれ、怒りが収まらない様子。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る