R-1運営批判で物議を醸したマイナー芸人・キートンの今後

公開日: 更新日:

 とろサーモン久保田らによる“「M―1」審査員批判騒動”に続き、ピン芸人ナンバーワンを決定する「R―1ぐらんぷり」でも、予選敗退した芸人が審査員を批判する騒動が起きて波紋が広がっている。

 芸人のキートン(45=よしもとクリエイティブ・エージェンシー)が、1月24日に開催された同大会の3回戦で敗退し、それに関して29日、ツイッターで怒りを爆発させているのだ。

「自分で言うのもなんですが、あれだけウケて落とされたら誰でも怒ります」とした上で、手書きの長文の写真もアップ。そこには「私は意図的に落とされたと思っている。なぜなら3回戦の私は相当ウケたから」「『R―1詐欺』だよね」「おもしろくねー奴が、おもしれーと思ってる芸人集めて仲良くコンテストごっこしてれば?」(いずれも原文ママ)などと書かれ、怒りが収まらない様子。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    星野源「MIU404」での変幻自在 “平匡さん”から演技ガラリ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    泉佐野市“ふるさと納税バトル”逆転勝訴 安倍強権が赤っ恥

  8. 7

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  9. 8

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  10. 9

    小池都知事の“コロナ独裁”で東京発の第2波が全国拡散危機

  11. 10

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

もっと見る