とろ久保田“M-1舌禍騒動”余波 若手芸人は強制コンプラ研修

公開日: 更新日:

 日刊ゲンダイ既報通り、年明けからぼちぼちテレビ画面に姿を見せ始めた「とろサーモン」の久保田かずのぶ(39)。事務所の先輩で発言力のある松本人志(55)から異例の救済措置を受け「首の皮一枚つながった」(事情通)というのだが、それだって世間の風当たりはめっぽう強い。

 上沼恵美子(63)に対する数々の暴言が問題となり、謝罪の投稿を行って以来、実に33日ぶりにツイッターを更新し、〈是非ご覧ください〉(1月5日付)と出演番組の告知ツイートを行うと〈やっぱり腹立たしい〉〈テレビに出るなよ〉などと辛辣な批判のコメントが寄せられる始末。中には激励する書き込みもあったが、単なる番宣でさえ“大荒れ”である。

 もっとも「所属タレントがごまんといる吉本の中でも、久保田の酒グセの悪さは指折りだった。だから、事あるごとに事務所は久保田本人に厳重注意を促していた」(吉本関係者)というのだから自業自得以外のなにものでもない。だが、“久保田ショック”は周囲にも相当な影響をもたらしたそうで――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る