武田久美子は娘を一刀両断し話題 “ママ芸能人”の三者三様

公開日: 更新日:

 興行収入25億円超えの映画「翔んで埼玉」で、「変わらない」と絶賛されている。都知事の妻役を演じたタレントの武田久美子(50)だ。

 ロココ調のドレスに身を包んだゴージャスな姿は、確かに若かりし頃と変わらない。いや、むしろ美貌に磨きをかけたというべきか。

 武田といえば、1999年にアメリカ人男性と結婚し、02年に長女ソフィアさんを出産したが、16年に離婚が成立。現在はソフィアさんと共にアメリカで暮らしており、仕事がある時に帰国するというライフスタイルを貫いている。

「ソフィアさんが『モデルになりたい』と言ったことがあったそうですが、武田さんは『あなたが可愛かったら、とっくに空港とかでスカウトされてるわよ。スーパーモデルもみんなそう。マミーもね』と返答。親の欲目だけで娘を見ず、長く芸能界を生き抜いてきた冷静な視点でものを言っていると、ネット上では好意的に受け止められています」(芸能ライターのエリザベス松本氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る