武田久美子は娘を一刀両断し話題 “ママ芸能人”の三者三様

公開日: 更新日:

 興行収入25億円超えの映画「翔んで埼玉」で、「変わらない」と絶賛されている。都知事の妻役を演じたタレントの武田久美子(50)だ。

 ロココ調のドレスに身を包んだゴージャスな姿は、確かに若かりし頃と変わらない。いや、むしろ美貌に磨きをかけたというべきか。

 武田といえば、1999年にアメリカ人男性と結婚し、02年に長女ソフィアさんを出産したが、16年に離婚が成立。現在はソフィアさんと共にアメリカで暮らしており、仕事がある時に帰国するというライフスタイルを貫いている。

「ソフィアさんが『モデルになりたい』と言ったことがあったそうですが、武田さんは『あなたが可愛かったら、とっくに空港とかでスカウトされてるわよ。スーパーモデルもみんなそう。マミーもね』と返答。親の欲目だけで娘を見ず、長く芸能界を生き抜いてきた冷静な視点でものを言っていると、ネット上では好意的に受け止められています」(芸能ライターのエリザベス松本氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  7. 7

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    裕次郎さん命日に幕引き 石原軍団「金、酒、飯」豪快伝説

  10. 10

    ゆきぽよ“安倍批判”に賛同の声 若者の政治意識は変わるか

もっと見る