写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

公開日: 更新日:

 紅白出場で注目を浴びた米津玄師(28)が菅田将暉の新曲「まちがいさがし」を作詞・作曲・プロデュースすることが明らかになった。

 2017年に「灰色と青(+菅田将暉)」をリリースした際、米津が菅田将暉に直談判してコラボが実現。以来親交を深め、今回は米津が菅田に恩返しする形となった。

「灰色と青」はYouTube再生回数1億回を突破。米津の楽曲とあらば菅田の新曲も大ヒット間違いなしである。

 そんな米津のバースデーパーティーの泥酔姿を発売中の「フライデー」が報じている。誕生日の翌日11日に南青山で行われたパーティーには、松田翔太(33)、城田優(33)、セカオワのFukase(33)、社会学者で小説が芥川賞候補に挙がった古市憲寿(34)らが集まった。米津はアリーナ全国ツアーを終え、一段落着いたのか、気のおけない仲間が揃ったせいなのか、宴が終わって店を出る頃にはひとりで立っていられないほど泥酔していたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る