「まんぷく」好演で人気沸騰 安藤サクラ大争奪戦が勃発中

公開日: 更新日:

 NHKの朝ドラ「まんぷく」でヒロインを務めた女優の安藤サクラ(33)を巡り、民放キー局が大争奪戦を展開している。全話平均視聴率21.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と大成功を収めた安藤の人気にあやかろうという算段だ。キー局編成関係者はこう話す。

「『まんぷく』出演後、“民放初出演”という冠がノドから手が出るほど欲しいんですよ。いま安藤をドラマのヒロインに据えれば、脚本がイマイチでも視聴率2桁は確実ですから」

■潜在視聴率では石原さとみ超え

 安藤がここまで民放関係者から注目される理由がもう一つある。

「ズバリ、年齢です。ここ数年の朝ドラヒロインのなかで安藤は最高齢なんです。15年後期の『あさが来た』の波瑠(27)、16年前期の『とと姉ちゃん』の高畑充希(27)、16年後期『べっぴんさん』の芳根京子(22)、17年前期の『ひよっこ』の有村架純(26)、17年後期の『わろてんか』の葵わかな(20)、18年前期の『半分、青い。』の永野芽郁(19)。平均視聴率で比較しても『あさが来た』と『とと姉ちゃん』には僅差で負けているが、それ以外の朝ドラには圧勝しているんです。つまり、若さに負けない安藤の圧倒的な“女優力”に驚かされました」(事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  3. 3

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  4. 4

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  9. 9

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

  10. 10

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

もっと見る