“安藤サクラ株”は急騰必至 泣きの芝居でカンヌ審査員絶賛

公開日:

「記者会見が終わったらどうなるんだろう? 僕が持って帰っていいのかな。一晩ぐらいは抱いて寝たいと思います」

 第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールに輝いた是枝裕和監督(55)。23日の夜10時半過ぎから羽田空港で行われた凱旋帰国記者会見でヤシの木の枝をモチーフとしたトロフィーを大事そうに抱え、喜びを噛みしめていた。

 日本人の同賞受賞は、今村昌平監督作「うなぎ」以来、実に21年ぶり。原案・監督・脚本・編集の1人4役を手がけた受賞作「万引き家族」(6月8日公開、ギャガ配給)は、上映館数を当初予定していた200から300館以上に拡大。6月2日、3日の2日間の先行上映も決まった。監督自ら書き下ろした同名小説(宝島社)も今月28日の発売日を待たずして初版4万部に加え、3万部の重版が決定。映画の海外販売状況も149の国と地域で“売約済み”と、カンヌ効果は計り知れない。だが、これから最も注目を浴びるのは、重要な役を担った女優・安藤サクラ(32)だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る