“安藤サクラ株”は急騰必至 泣きの芝居でカンヌ審査員絶賛

公開日: 更新日:

「記者会見が終わったらどうなるんだろう? 僕が持って帰っていいのかな。一晩ぐらいは抱いて寝たいと思います」

 第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールに輝いた是枝裕和監督(55)。23日の夜10時半過ぎから羽田空港で行われた凱旋帰国記者会見でヤシの木の枝をモチーフとしたトロフィーを大事そうに抱え、喜びを噛みしめていた。

 日本人の同賞受賞は、今村昌平監督作「うなぎ」以来、実に21年ぶり。原案・監督・脚本・編集の1人4役を手がけた受賞作「万引き家族」(6月8日公開、ギャガ配給)は、上映館数を当初予定していた200から300館以上に拡大。6月2日、3日の2日間の先行上映も決まった。監督自ら書き下ろした同名小説(宝島社)も今月28日の発売日を待たずして初版4万部に加え、3万部の重版が決定。映画の海外販売状況も149の国と地域で“売約済み”と、カンヌ効果は計り知れない。だが、これから最も注目を浴びるのは、重要な役を担った女優・安藤サクラ(32)だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  4. 4

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  5. 5

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  6. 6

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  9. 9

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

  10. 10

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

もっと見る