• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“安藤サクラ株”は急騰必至 泣きの芝居でカンヌ審査員絶賛

「記者会見が終わったらどうなるんだろう? 僕が持って帰っていいのかな。一晩ぐらいは抱いて寝たいと思います」

 第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールに輝いた是枝裕和監督(55)。23日の夜10時半過ぎから羽田空港で行われた凱旋帰国記者会見でヤシの木の枝をモチーフとしたトロフィーを大事そうに抱え、喜びを噛みしめていた。

 日本人の同賞受賞は、今村昌平監督作「うなぎ」以来、実に21年ぶり。原案・監督・脚本・編集の1人4役を手がけた受賞作「万引き家族」(6月8日公開、ギャガ配給)は、上映館数を当初予定していた200から300館以上に拡大。6月2日、3日の2日間の先行上映も決まった。監督自ら書き下ろした同名小説(宝島社)も今月28日の発売日を待たずして初版4万部に加え、3万部の重版が決定。映画の海外販売状況も149の国と地域で“売約済み”と、カンヌ効果は計り知れない。だが、これから最も注目を浴びるのは、重要な役を担った女優・安藤サクラ(32)だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る