“安藤サクラ株”は急騰必至 泣きの芝居でカンヌ審査員絶賛

公開日:

「記者会見が終わったらどうなるんだろう? 僕が持って帰っていいのかな。一晩ぐらいは抱いて寝たいと思います」

 第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールに輝いた是枝裕和監督(55)。23日の夜10時半過ぎから羽田空港で行われた凱旋帰国記者会見でヤシの木の枝をモチーフとしたトロフィーを大事そうに抱え、喜びを噛みしめていた。

 日本人の同賞受賞は、今村昌平監督作「うなぎ」以来、実に21年ぶり。原案・監督・脚本・編集の1人4役を手がけた受賞作「万引き家族」(6月8日公開、ギャガ配給)は、上映館数を当初予定していた200から300館以上に拡大。6月2日、3日の2日間の先行上映も決まった。監督自ら書き下ろした同名小説(宝島社)も今月28日の発売日を待たずして初版4万部に加え、3万部の重版が決定。映画の海外販売状況も149の国と地域で“売約済み”と、カンヌ効果は計り知れない。だが、これから最も注目を浴びるのは、重要な役を担った女優・安藤サクラ(32)だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る