桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

ひねくれぶりは本物 三四郎小宮とハライチ岩井が楽しみ

公開日: 更新日:

 南海キャンディーズ山里亮太の株が上がりっぱなしだ。「彼ほどの努力家はいない」「真面目でストイック」「実は3高(高学歴、高身長、高収入)の好物件」……。会見での当意即妙な受け答えも絶賛され、山ちゃん人気は当分続きそう。心配なのは山ちゃんの芸風が変わること。会見で「僕のねたみそねみは器の小ささからくるものなので、これまで通り変わることなく、ねたむと思います」と言っていたが……。

■余裕の山ちゃんとギクシャク

 8日の「ひねくれ3」(テレビ東京系土曜22時30分)でのこと。番組は山ちゃん、ハライチ岩井勇気三四郎小宮浩信のクセの強い3人が“若き挑戦者・成功者”のゲストを嫉妬やひねくれ目線で検証するトークバラエティーだが、ここで早くも山ちゃんに異変が見られた。

 前回のゲストからジーンズを購入、全員分の代金を山ちゃんが支払ったという話題で、進行の乃木坂46の秋元真夏が「私の分も買っていただきまして。それで堂々1位に躍り出ました」と山ちゃんが好感度1位であることを告げたが、「コスパめっちゃいいじゃん」と軽く笑顔を見せるのみ。アイドルおたくで知られる山ちゃん、以前なら秋元の発言に大はしゃぎしていたはず。なのに、余裕の態度。モテないキャラはどこへやらだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る