超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

公開日: 更新日:

 突然、結婚発表をした女優の蒼井優(33)と南海キャンディーズの山里亮太(42)。“魔性の女”と呼ばれた恋多き蒼井が、最終的に女性とは無縁のモテないキャラだった山里を選んだことが世間を激しくざわつかせている。

 “共演者キラー”の異名も持つ蒼井はこれまで、岡田准一大森南朋、鈴木浩介、三浦春馬ら共演した俳優との熱愛報道が多かった。今回の山里とはバラエティー番組「全力!脱力タイムズ」での共演がきっかけとなり、相方のしずちゃんの飲み会に参加したことで一気に距離が縮まったというから、キラーぶりは健在のようだ。

 だが、そんな蒼井ですら共演しても落とせなかった相手が一人だけいるという。芸能関係者が語る。

「12年の映画『るろうに剣心』で共演した佐藤健ですよ。佐藤はかつては広末涼子石原さとみ前田敦子ら数々の女優と浮名を流してきた共演者キラー。蒼井さんは直接会って話すとどんな男も惚れ込んでしまうと評判の魔性の女。この2人が共演ともなれば何も起きないはずがないと、撮影中もスタッフはやきもきしていたんです。ところがまさか佐藤はかたくなに蒼井には心を開かなかったので、共演者キラー同士のスキャンダルは生まれなかったんです。『るろうに剣心』では第2弾、第3弾もありましたが、佐藤は共演者という距離を縮めることはありませんでしたね」

 超肉食同士というのは、意外と食い合わないのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    飯野矢住代誕生秘話<12>同棲から妊娠…ジャニーズ事務所は解雇、ホステス業は産休に

    飯野矢住代誕生秘話<12>同棲から妊娠…ジャニーズ事務所は解雇、ホステス業は産休に

  2. 2
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  3. 3
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  4. 4
    ブレークスルー感染で死亡…米国女性の遺族が「ワクチン拒否の人々のせい」と批判

    ブレークスルー感染で死亡…米国女性の遺族が「ワクチン拒否の人々のせい」と批判

  5. 5
    コロナ“隠れ陽性者”は東京都発表の3倍超!モニタリング検査抑制の罪とリバウンドの火種【独自試算】

    コロナ“隠れ陽性者”は東京都発表の3倍超!モニタリング検査抑制の罪とリバウンドの火種【独自試算】

もっと見る

  1. 6
    巨人・丸の深刻不振はコロナ後遺症か…フィジカルトレーナーが指摘する「感覚受容器への影響」とは

    巨人・丸の深刻不振はコロナ後遺症か…フィジカルトレーナーが指摘する「感覚受容器への影響」とは

  2. 7
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  3. 8
    阪神のプロアマ規定違反チョンボに他球団ニンマリ 天理・達孝太をドラフト指名する球団はどこ?

    阪神のプロアマ規定違反チョンボに他球団ニンマリ 天理・達孝太をドラフト指名する球団はどこ?

  4. 9
    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 10
    屈指の“立ちんぼ”エリア大久保で週3回も…27歳女性教師の売春2度逮捕に都教育委「前代未聞」と仰天

    屈指の“立ちんぼ”エリア大久保で週3回も…27歳女性教師の売春2度逮捕に都教育委「前代未聞」と仰天