著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

“仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

公開日: 更新日:

 吉本芸人の明暗を分けた話題が世間を賑わした先週。まずは「明」――。

 南海キャンディーズの山里亮太(42)が女優・蒼井優(33)と電撃結婚を発表。2人揃ってのオノロケ会見は1時間を優に超えた。漫才のような絶妙な2人のやりとりは好感度も大幅にアップ。早くも「結婚特需」が確実視されている。FAX1枚で結婚報告が多い昨今。オープンな会見は有効に働くことを2人は証明してくれた。

 芸人と女優の組み合わせは、古くはとんねるず石橋貴明鈴木保奈美木梨憲武・安田成美と、珍しくないが、共通点は芸人が人気も仕事もピーク時の結婚だったこと。

「女優は才能のある人に惚れる。同じ芸能界でも自分にない才能を持つ人を尊敬する。芸人だけでなくミュージシャンや監督もそう」と以前、ある女優から聞いた話が蒼井にも当てはまる。山里は現在、レギュラーを16本持つ人気のピーク。「仕事のできる男は輝いて見える」のは芸能界も同じ。個性的な俳優と浮名を流してきた蒼井も自分にないお笑いの才能を発揮する山里との結婚を決めたのもうなずける。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方