ラモス瑠偉さん サザンの曲で1年間出場停止処分も前向きに

公開日: 更新日:

「勝手にシンドバッド」サザンオールスターズ

 19歳のときにブラジルで(与那城)ジョージさん(サンパウロ州出身の日系2世。1972~85年に読売クラブでプレー。85年に帰化。元日本代表)にスカウトされて、77年4月に来日しました。20歳でしたね。サッカーでお金をたくさん稼ぎ、ブラジルで苦労している母親を助けたい一心でした。

 でも、着いてすぐにヒドいホームシックにかかりました。ブラジルが恋しくて泣いていたら、チームメートの松木(安太郎=現・解説者。東京ヴェルディの監督など歴任。元日本代表)が、オフのたびにフォルクスワーゲンのビートルでやってきて遊びに連れ出してくれ、これがメッチャ気分転換になりました。

 その松木に連れて行かれたホームパーティーで松木の友人がギターをかき鳴らし、歌っていた曲がスッと耳から入り、胸にグサッと突き刺さりました。翌日、シングルレコードを買ってくれた松木が、歌詞の内容も丁寧に教えてくれました。

 それが河島英五さんの「酒と泪と男と女」(76年6月リリース)。日本で初めて心に響いた曲です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  5. 5

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  6. 6

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  7. 7

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  8. 8

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  9. 9

    悪いことしている自覚あり 野党時代の菅氏発言を振り返る

  10. 10

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

もっと見る