ビーチ日本代表アジア制覇でW杯へ PK戦の末にUAE下す

公開日: 更新日:

 ビーチサッカー・アジア選手権の決勝(17日=タイ・パタヤビーチ)でラモス瑠偉監督率いるビーチサッカー日本代表がアラブ首長国連邦(UAE)との激闘を制し、4大会ぶり3回目のアジア制覇を果たした。

 試合は第1ピリオド6分にFP小牧が先制点を決め、第2ピリオド3分に主将で大黒柱のFP茂怜羅オズが追加点をゲット。実力上位の日本が試合中盤まで主導権を握ったが、そこからUAEに同点に追いつかれ、2-2のスコアで延長戦に入った。

 延長3分でも決着が付かずにPK戦突入。これを3-1でモノにしたラモス・ジャパンが、3回目のアジア王者の称号を手に入れた。大会MVPにはオズが選ばれた。

 同大会は、11月にパラグアイで行われるW杯のアジア予選(アジア枠3)を兼ねており、ラモス・ジャパンは15日の準決勝でパレスチナを下した時点で10大会連続のW杯本大会を決めていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る