「夢の振り子」で紅白目指す 演歌歌手・竹島宏を直撃<下>

公開日: 更新日:

 NHKのBS時代劇「大富豪同心」(NHK総合で10月5日から放送予定)の主題歌に選ばれた新曲「夢の振り子」がオリコン演歌・歌謡チャート1位と絶好調の竹島宏(41)。

 小学生の時に坂本冬美のコンサートを見てから歌手になることを夢見るが、カラオケ大会に出ることもなく、師匠について修業することもなく過ごし、高校の進路相談時に「歌手になるから進学しません」と宣言したが、説得されて明治大学に進学。あっと言う間に就職活動の時期になる。そんな時、出場した千葉テレビのカラオケ番組の予選会で大会審査員の目に留まったことがきっかけとなり、2002年のデビューにつながった。

 デビュー直後から、持ち前の歌唱力と甘いマスクで注目されたが、ヒット曲とまではいかない。転機となったのはデビュー15周年記念曲の「月枕」だった。

「それまでCDセールスについて積極的に発言していなかったのですが、ファンの皆さまに“この曲で10万枚売り上げてゴールドディスクを達成したい”と気持ちを伝えたんです。歌は気持ちを伝えるもの。ならば、この曲で勝負したいという気持ちを伝えることも自己表現のひとつなのではないかと思い、目標を公言しました。すると、ファンの皆さまから“私たちも応援する目標が持てた”と。僕自身もプロの歌手としての責任感が強く意識できるようになりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    「入院制限」は誰の発案なのか “独断会議”の出席者は5人、与党内からも突き上げの嵐

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    自治体の長なら子供をまず守れ この国には一定数の野蛮な親父がいる

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  7. 7

    <21>800万円のロングコートを着てムービーカメラの前で悪代官のように振る舞う

  8. 8

    英国は「集団免疫」を獲得した? 成人7割ワクチン接種完了、専門家の見解は

  9. 9

    「私たちの夢」NY市警刑事の殉職から7年…人工授精で生まれた娘が4歳に

  10. 10

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

もっと見る