大河ドラマは1本5910万円 潤沢な予算と待遇を死守したい

公開日: 更新日:

 NHK職員が最も恐れているのが「NHKの民営化」だ。むしろ受信料を義務化し“国営化”するのが悲願であり、スクランブル化(見たい人が見る)を推奨する「NHKから国民を守る党」(N国)は目障りな存在にある。

  ◇  ◇  ◇

 フリーアナの久米宏氏(75)が官僚化するNHKを憂慮し、“分割民営化”を提案し波紋を広げている。単なるスクランブル化のN国とは違い、久米氏の発言はより喉元に短刀を突き付けた格好になる。

 NHKは民営化に対する“みなさん”の質問について、「民営化して利潤確保のため視聴率競争を重視せざるをえない民放を、日本の放送界にもう1社増やすことが、果たして視聴者のみなさまの利益につながるか」と説明。その上で、「地震災害や台風、緊急時報道、国会中継などの放送は、受信料で成り立つ公共放送だからこそ可能」と付け加えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る