尾崎世界観と交際発覚も“追い風”に あいみょんの世界観は

公開日: 更新日:

 2018年にNHK紅白に出場したシンガー・ソングライター、あいみょん(24)の熱愛報道が報じられたのは先月25日のこと。お相手は、ロックバンド「クリープハイプ」のボーカル兼ギターの尾崎世界観(34)で、あいみょんの自宅にお泊まりする姿が「FLASH」に掲載された。

 このところのネット事情同様にバッシングされるのかと思いきや「世界観選ぶなんてさすが」「あいみょんと世界観、両方聞くと沁みる、さらに世界観の小説読んでる」など、あいみょんに共感の声しきり。尾崎は小説家としても活躍し、若者のカリスマ的存在で、双方の持つ世界観が似ていて相乗効果になった。同28日にYouTubeで公開された菅田将暉とのコラボ曲「キスだけで feat.あいみょん」のMVは2日で視聴250万回超え。今、旬のイケメン菅田と共演してもやっかみの声はなく、女性支持は圧倒的。尾崎との熱愛報道はむしろ新曲の“追い風”である。音楽評論家の富澤一誠氏はこう言う。

「彼女は等身大のメッセージを紡ぐアーティストで、“同世代の代弁者”。自分のやりたいことをやってきたというスタイルは中島みゆきに通ずるものがあります。彼女の音楽はエンタメではなく、純文学的で、プライベートが垣間見える方が作品の深みが増す存在です。今後、人生の岐路に立たされることがあっても、共感の要素になるでしょう」

令和の中島みゆき”と聞けば中高年も共感できそうだ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

  3. 3
    立ち食いそば店の60代“深夜ワンオペ”は命がけ…敬遠されるのも無理はない

    立ち食いそば店の60代“深夜ワンオペ”は命がけ…敬遠されるのも無理はない

  4. 4
    後輩の挑発をスルーした松本人志、粗品のケンカを買って自爆した宮迫博之…露呈した“芸人の格”の違い

    後輩の挑発をスルーした松本人志、粗品のケンカを買って自爆した宮迫博之…露呈した“芸人の格”の違い

  5. 5
    維新ダサすぎ!都知事候補擁立を断念…女帝に陳腐な取引打診も“ガン無視”される

    維新ダサすぎ!都知事候補擁立を断念…女帝に陳腐な取引打診も“ガン無視”される

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    ロッテ佐々木朗希「省エネ投球」の謎解き…フルパワーのシーズンフル稼働は到底無理

    ロッテ佐々木朗希「省エネ投球」の謎解き…フルパワーのシーズンフル稼働は到底無理

  3. 8
    協会はテレビ各社にケンカを売るように「放映権をよこせ」と迫り過去最高益「5億円超」を叩き出した

    協会はテレビ各社にケンカを売るように「放映権をよこせ」と迫り過去最高益「5億円超」を叩き出した

  4. 9
    「燕は戻ってこない」桐野夏生著

    「燕は戻ってこない」桐野夏生著

  5. 10
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質