業界の掟は通用せず…ジャニーズの覇権は今後も続くのか

公開日: 更新日:

 ジャニーズ事務所が元SMAPの独立組、稲垣吾郎(45)、草彅剛(45)、香取慎吾(42)を番組に出演させないようテレビ各局に圧力をかけた疑いがあるとして、公取委がジャニーズを注意したというニュース。第一報がNHKの速報だったこともあり、芸能マスコミは色めき立った。民放各局がジャニーズへの忖度をやめて、3人組のTV復帰を期待するような報道もあった。

 だが、内輪から見ると、復帰の目はまずない。少なくとも地上波に彼らの活躍の場が与えられる可能性はゼロに等しいだろう。ジャニーズうんぬんの話ではない。今が旬のものかどうか。今視聴者が見たいもの、つまり視聴率を稼げるかどうかが、キャスティングの目安なのだ。

 3人組だけじゃない。TOKIOにKinKi Kidsと、もはや旬でもないグループはジャニーズに少なくなく、あのキムタクだって命短しだ。ドラマでの二枚目路線はもう無理、MCも駄目、売り出し中の次女もスベっているし、かつてのヨン様のように、過去に流され、気がつけば忘れ去られているという日も遠くないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    菅政権のワクチン政策はデタラメ続き 縁故企業へのばらまきを許すな

もっと見る