三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

後輩に贈る「一人扶持は食えなくても二人扶持は食える」

公開日: 更新日:

 ここ最近芸能界は結婚ラッシュでしたね。モテないキャラの方が結婚すると、特にお笑いの方なんかはそのあとの商売がやりづらくなるんじゃないの? アイドルはファンが離れるんじゃないの? なんて世間の皆さまはおせっかいをやきますよね。そこで落語家の結婚はどうなのか書きましょう。

 20代、30代に大体結婚しますが、噺家のランクでいえばまだまだ下っ端の若手です。奥さんの稼ぎに寄りかかる結婚も少なくありません。楽屋でそんな不安を口にする新婚若手落語家に対して先輩落語家たちが口にする言葉は「一人扶持は食えなくても二人扶持は食える」です。どういうことかというと2人で住んだほうが家賃や食費は減るんだから大丈夫ということです。そして夫婦ですからそのうち子供が出来たりするわけですよ。またまたその不安を口にする若手落語家に対して先輩は「子供は自分の食い扶持を持ってくる」と言います。子供ができると自然と仕事や収入が増えるよって。能天気に聞こえる言葉ですが、職場のそして人生の先輩が言う言葉ですから重みがあります。実際私も47歳になった現在、後輩たちに同じことを言っております。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  7. 7

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  8. 8

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  9. 9

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  10. 10

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る