三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

後輩に贈る「一人扶持は食えなくても二人扶持は食える」

公開日: 更新日:

 ここ最近芸能界は結婚ラッシュでしたね。モテないキャラの方が結婚すると、特にお笑いの方なんかはそのあとの商売がやりづらくなるんじゃないの? アイドルはファンが離れるんじゃないの? なんて世間の皆さまはおせっかいをやきますよね。そこで落語家の結婚はどうなのか書きましょう。

 20代、30代に大体結婚しますが、噺家のランクでいえばまだまだ下っ端の若手です。奥さんの稼ぎに寄りかかる結婚も少なくありません。楽屋でそんな不安を口にする新婚若手落語家に対して先輩落語家たちが口にする言葉は「一人扶持は食えなくても二人扶持は食える」です。どういうことかというと2人で住んだほうが家賃や食費は減るんだから大丈夫ということです。そして夫婦ですからそのうち子供が出来たりするわけですよ。またまたその不安を口にする若手落語家に対して先輩は「子供は自分の食い扶持を持ってくる」と言います。子供ができると自然と仕事や収入が増えるよって。能天気に聞こえる言葉ですが、職場のそして人生の先輩が言う言葉ですから重みがあります。実際私も47歳になった現在、後輩たちに同じことを言っております。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る