ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

たけしの「お笑いウルトラクイズ」のトンデモ舞台裏<3>

公開日: 更新日:

 たけしさんは優しい、時にはサメにのまれるようなことをさせるけど(沖縄の海のロケでジンベエザメに下半身を本当にのまれました)、やっぱり優しい。たけしさんは沸騰しているヤカンのお湯をまき散らしたりするけど(驚くほど熱いよー!)、ホントに優しい。

 たけし軍団が体を張って行う番組収録の時にはリハーサルの際、われわれ以上にボケて転倒してケガをしないようなセットになっているか、クギが出ていたり床に不自然なひっかかりがないかをわれわれ以上に細かくチェックしてくれたのです。

 でも、たけしさんの本当の優しさはそういうことをはるかに超えた、ダメ芸人のもがき苦しんでいる心情を「このバカ野郎!」と口では言いながら、そこはかとなく思ってくれるところなのです。正直、実に残念でならないことですが、アントニオ猪木さんのモノマネをする春一番が47歳の若さで逝ってしまいました。原因はハッキリ言って「酒」です。酒で入院することもありました。そして、「お笑いウルトラクイズ」のロケ中もロケバスの中にアルコールの臭いがしたので、全員が「春、酒隠してるだろー!?」と疑って荷物や身体検査までしたことがありました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  8. 8

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  9. 9

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

  10. 10

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

もっと見る