城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

公開日: 更新日:

 2週にわたって週刊誌でパワハラ疑惑を報じられた、ニュースキャスターの辛坊治郎(63)。彼が出演している番組の女性プロデューサーへのパワハラ疑惑だが、彼も報道に対しツイッターで反論している。

「社員プロデューサーに『いつでも飛ばせる!』と言ったと断定している。これはひどい。私はそんな事言わないのを信条に生きてきた!」「あの時私は、『貴女は局の責任者なんだから、私の発言がそんなに嫌ならクビにしたらいいだろ!』とは言った。文脈完全に逆」とツイートしている。

 辛坊治郎という男を僕は20年近く前から知っていて、一緒の番組で共演する仲間という時期も長かった。だから、彼のことはかなりよく知っているつもりだ。彼が個人に対して「いつでも飛ばせる」なんて言うとは、まったく考えられない。

 初めて彼と言葉をかわしたのは、局のメーク室で一緒になった時だ。彼が自分の出演する番組で「事件の被害者の名前を匿名にすべきか否か」というテーマで激論になったとき、彼は「実名報道でなければダメだ」と主張した。熱く語っており、僕も報道の仕事にかかわっていて同感だったので、そのことをメーク室で告げると、やはり熱く話をしてくれた。僕の質問にも、すごい勢いで答えてくれたものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  7. 7

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  8. 8

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

  9. 9

    借金はないが…今は資金もなく「静かに暮らす」日々

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る