ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在は、お笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著に「とんねるずと『めちゃイケ』の終わり 〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論」(イースト新書)、「逆襲する山里亮太」(双葉社)などがある。

クロちゃんは視聴者に軽蔑と憧れの感情を起こさせる怪物

公開日: 更新日:

「憎まれっ子世にはばかる」をこれほど体現している人物もほかにいないだろう。甲高い声に不似合いなスキンヘッドとヒゲの巨漢。「モンスター」の異名を取る安田大サーカスクロちゃん(43)が、ここ数年、なぜか空前の大ブレークを果たしているのだ。

 そのきっかけになったのは「水曜日のダウンタウン」だ。この番組では、彼に対するドッキリ企画がたびたび行われてきた。クロちゃんは毎回、視聴者の予想をはるかに上回るリアクションを示して爆笑をさらってきた。そのため、ドッキリ企画はどんどん大がかりになっていった。

 クロちゃんブームの決定打になったのが2018年、この番組で行われた「モンスターハウス」という企画だ。フジテレビの恋愛バラエティー「テラスハウス」を真似た恋愛企画の中で、クロちゃんは次々に問題行動を連発。自撮りのふりをして女性を盗撮したり、女性が座っていたクッションに顔をうずめたり、2人同時に口説こうとしたり、気持ち悪い言動の数々で視聴者を凍りつかせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  3. 3

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  4. 4

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  7. 7

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  8. 8

    安倍首相が疑惑の大手IT社長と会食で「世論操作か」の声

  9. 9

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  10. 10

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る