ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在は、お笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著に「教養としての平成お笑い史」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)などがある。

クロちゃんは視聴者に軽蔑と憧れの感情を起こさせる怪物

公開日: 更新日:

「憎まれっ子世にはばかる」をこれほど体現している人物もほかにいないだろう。甲高い声に不似合いなスキンヘッドとヒゲの巨漢。「モンスター」の異名を取る安田大サーカスクロちゃん(43)が、ここ数年、なぜか空前の大ブレークを果たしているのだ。

 そのきっかけになったのは「水曜日のダウンタウン」だ。この番組では、彼に対するドッキリ企画がたびたび行われてきた。クロちゃんは毎回、視聴者の予想をはるかに上回るリアクションを示して爆笑をさらってきた。そのため、ドッキリ企画はどんどん大がかりになっていった。

 クロちゃんブームの決定打になったのが2018年、この番組で行われた「モンスターハウス」という企画だ。フジテレビの恋愛バラエティー「テラスハウス」を真似た恋愛企画の中で、クロちゃんは次々に問題行動を連発。自撮りのふりをして女性を盗撮したり、女性が座っていたクッションに顔をうずめたり、2人同時に口説こうとしたり、気持ち悪い言動の数々で視聴者を凍りつかせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  7. 7

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  10. 10

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

もっと見る