城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

公開日: 更新日:

 俳優の東出昌大(31)がたいへんなことになっている。

 杏(33)との別居が報じられ、その原因が若手女優の唐田えりか(22)との不倫によるものとされ、所属事務所もそれがおおむね事実であると認めたことから、ネットなどでも大きく批判された。出演していたCMも打ち切りとなり、現在出演のドラマについても「いかがなものか」といった声が上がる大逆風状態である。

 そうはいっても、CM打ち切りやドラマの出演に影響が出るということに、どこか違和感を覚えるといったら不謹慎だろうか。薬物などで検挙されたわけでもなく、刑事事件を起こしたわけでもない。本来ならば、あくまでもその人の家庭内の問題として扱うという考え方もあっていい。

 というのも、不倫問題が仕事に大きく影響を与えるとしたら、“戦々恐々”とする芸能人は続出する。芸能界というところは、イイ男とイイ女がウジャウジャいる場所なのだ。道義的な問題で批判をする人の気持ちは理解できるが、大方の人は心のどこかで「あんな人に言い寄られたら」と同感している部分がある。これは邪推かもしれないが、東出を批判している人は、「杏さんがかわいそう」という層より、「うまいことやりやがって」という層の方が多いのではなかろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る