深夜ドラマ「死にたい夜」で光る賀来賢人のカメレオンぶり

公開日: 更新日:

「ドラマのTBS」の復活か。

 1月期の連ドラ視聴率レースでは、天海祐希(52)主演の「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」(日本テレビ=土曜夜10時)が初回首位だったが、それを竹内涼真(26)主演の「テセウスの船」(TBS=日曜夜9時)が抜き去り、上白石萌音(22)と佐藤健(30)の「恋はつづくよどこまでも」(TBS=火曜夜10時)がジワジワと追う展開に。

「放送後、ネットで話題に上がるのは『テセウス』の“展開”についてと、『恋つづ』の佐藤の言動に“キュンキュン”する声ですね」(テレビ誌ライター)

 今期のゴールデン・プライム(GP)帯のTBSドラマは調子がいいが、視聴率を意識しない深夜帯にも「注目作がある」と、テレビコラムニストの亀井徳明氏はこう続ける。

「深夜ドラマはテレビ東京の“攻めてる”姿勢が評価されがちですが、TBSの深夜ドラマもかなり攻めていますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る