門脇麦vs川口春奈に木村文乃が参戦 女の三つ巴バトル勃発

公開日: 更新日:

 初回以降、第5回までは回を重ねるごとに視聴率がダウンしていた大河ドラマ「麒麟がくる」だが、ようやく“上昇気流”に乗った兆しが。

 第6回は前回よりも0・6ポイントアップし平均視聴率が13・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)、そして今月1日放送の第7回は前回よりも1・2ポイントアップの15・0%まで回復した。

「視聴率が“下げ止まり”どころか上昇傾向。おまけに、地上波よりも2時間早い午後6時から放送されているBSの視聴率は第6回と7回が4・7%で最高を記録しています」(NHK関係者)

 第6回は長谷川博己(42)演じる主人公・明智光秀と門脇麦(27=写真)演じる架空の人物・駒、そして第7回は光秀と、薬物事件で逮捕・起訴された沢尻エリカ(33)の代役・川口春奈(25)演じる帰蝶の関係をクローズアップ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  8. 8

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  9. 9

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る