門脇麦vs川口春奈に木村文乃が参戦 女の三つ巴バトル勃発

公開日: 更新日:

 初回以降、第5回までは回を重ねるごとに視聴率がダウンしていた大河ドラマ「麒麟がくる」だが、ようやく“上昇気流”に乗った兆しが。

 第6回は前回よりも0・6ポイントアップし平均視聴率が13・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)、そして今月1日放送の第7回は前回よりも1・2ポイントアップの15・0%まで回復した。

「視聴率が“下げ止まり”どころか上昇傾向。おまけに、地上波よりも2時間早い午後6時から放送されているBSの視聴率は第6回と7回が4・7%で最高を記録しています」(NHK関係者)

 第6回は長谷川博己(42)演じる主人公・明智光秀と門脇麦(27=写真)演じる架空の人物・駒、そして第7回は光秀と、薬物事件で逮捕・起訴された沢尻エリカ(33)の代役・川口春奈(25)演じる帰蝶の関係をクローズアップ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  6. 6

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  7. 7

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る