長谷川博己「麒麟」を脅かす竹内涼真「テセウス」の勢い

公開日: 更新日:

 視聴率の下降が続いていた長谷川博己(42)主演のNHK大河ドラマが、2月23日放送の第6話でようやく下げ止まった。

「“沢尻問題”でスタートが遅れた初回こそ、逆に注目されて19%台でしたが、回を追うごとに数字を下げて第5話で13.2%に。下げ止まったといっても第6話は13.8%ですから、このまますんなり上昇というわけにはいかないでしょうね」(テレビ誌ライター)

 とはいえ、15%台でスタートした前作「いだてん」は、ほとんどの回が1ケタで、一時は3%台も記録。「名作」と支持する声はあったものの、全話平均で8.2%という“悪夢”に比べれば、13%台は上々の数字だ。

 ネット上の評判も〈色彩が派手すぎる〉なんて声こそあるが、作品そのものの評価はおおむね高い。日曜夜8時放送のNHK総合に加え、同午後6時放送のBSでの視聴も合わせれば、「朝ドラを除いて、1月に始まったドラマの中で一番リアルタイムで見られている」(在京キー局関係者)といっていいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  9. 9

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  10. 10

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

もっと見る