てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

迷いながら芸風が完成 ぺこぱ松陰寺「一番遠回りな近道」

公開日: 更新日:

「俺たちも12年、芸風迷い続けてるから気にしなくていいよ。まだ迷ってるし、今後も迷っていくし」(松陰寺太勇/NHK・Eテレ「バリバラ~障害者情報バラエティー~」3月5日放送)

 全てを優しく肯定する「ノリツッコまない」漫才でブレークした、松陰寺太勇(36)とシュウペイのコンビ「ぺこぱ」。将来のことを決断できないという悩みへの松陰寺の答えが今週の言葉だ。

 ぺこぱは2008年、松陰寺がバイトで知り合った“ギャル男”だったシュウペイを誘う形で結成された。だが、冒頭の言葉どおり、芸風を模索し続けた。スーツを着て時事問題を斬る正統派な漫才をやったかと思えば、足を高く上げるツッコミ漫才、ボーイズラブ漫才、ヒップホップ漫才などネタのスタイルはもちろん、その間、ボケ役とツッコミ役も何度も入れ替えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る