てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

売れるのは「運」と言い切るカズレーザーの人生の楽しみ方

公開日: 更新日:

「ツラいのは舞台出てる3分間だけで、あとはずっと面白いんですよ。途中から舞台なけりゃいいのになって」(カズレーザー/TBS「人生最高レストラン」2月29日放送)

 ◇  ◇  ◇

 カズレーザー(35)といえば、いまや「理想の上司」ランキングでもイチローらを抑えて2位になるほどの人気者。しかし、ピン芸人としてデビューし、5年半近くはスベり続けていたという。けれど、この頃も楽しかったと彼は振り返る。なぜなら「芸人になるのが夢だった」からだ。現場に行けば周りにいるのは好きな芸人ばかり。その時の心境を語ったのが今週の言葉だ。

 事務所からは「このまま、ピンでスベり続けて死ぬか、コンビを組むか選べ」と半ばクビ宣告を受け、ちょうどコンビを解散し、引退しようとしていた安藤なつを誘って「メイプル超合金」を結成。2015年に漫才で「M―1グランプリ」決勝進出を果たし、ブレークした。その後は持ち前の知識を生かし、クイズ番組などでも大活躍している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  8. 8

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  9. 9

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  10. 10

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

もっと見る