てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

売れるのは「運」と言い切るカズレーザーの人生の楽しみ方

公開日: 更新日:

「ツラいのは舞台出てる3分間だけで、あとはずっと面白いんですよ。途中から舞台なけりゃいいのになって」(カズレーザー/TBS「人生最高レストラン」2月29日放送)

 ◇  ◇  ◇

 カズレーザー(35)といえば、いまや「理想の上司」ランキングでもイチローらを抑えて2位になるほどの人気者。しかし、ピン芸人としてデビューし、5年半近くはスベり続けていたという。けれど、この頃も楽しかったと彼は振り返る。なぜなら「芸人になるのが夢だった」からだ。現場に行けば周りにいるのは好きな芸人ばかり。その時の心境を語ったのが今週の言葉だ。

 事務所からは「このまま、ピンでスベり続けて死ぬか、コンビを組むか選べ」と半ばクビ宣告を受け、ちょうどコンビを解散し、引退しようとしていた安藤なつを誘って「メイプル超合金」を結成。2015年に漫才で「M―1グランプリ」決勝進出を果たし、ブレークした。その後は持ち前の知識を生かし、クイズ番組などでも大活躍している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  6. 6

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  7. 7

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  8. 8

    山梨県知事「五輪中止」発言 裏で糸引く二階幹事長の思惑

  9. 9

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  10. 10

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

もっと見る