佐藤健に続くか?「M」三浦翔平のマックスマサに期待大

公開日: 更新日:

<ある意味、これは癖になる><ツッコミどころ満載!><これってコメディーだと思っていいの?>……第1話の放送途中からネット上を大いに賑わせたのが、4月18日スタートのテレビ朝日系土曜ナイトドラマ枠「M 愛すべき人がいて」。三浦翔平(31)と、昨年5月にデビューしたばかりの歌手・安斉かれん(20)のダブル主演で、安斉はこれが演技初挑戦となる。

 原作は、累計発行部数16万部の大ヒットとなった小松成美著の同名小説。“歌姫”浜崎あゆみ(41)が誕生するまでの日々や出会いや別れを、浜崎をはじめとする当事者たちへの取材をもとにつづられている。

「発売当初は、ネット上で<いよいよあゆも人生を切り売りし始めたか……>なんて心ない声も飛び交いました」(スポーツ紙芸能担当記者)

 4月期はコロナ禍で放送延期のドラマが多いこともあって、注目度もより高まったが、芸能ライターのエリザベス松本氏は「『M』が始まるのをとても楽しみにしていました」と前置きしつつ、こう続ける。

「ドラマ版の脚本は『奪い愛、夏』などを執筆した鈴木おさむさん。ケレン味たっぷりの脚本が特徴ですから、今回も原作通りにはいかないだろうと予測していました。が、想像を上回るブッ飛んだ仕上がりで、懐かしの“大映ドラマ”を思い出した中高年も多かったのでは?」

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  2. 2
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  1. 6
    南アW杯に行きたくて「ボールを全部よこせ」と内田篤人に言った…当時のチーム内に溢れ出ていたギラギラ感

    南アW杯に行きたくて「ボールを全部よこせ」と内田篤人に言った…当時のチーム内に溢れ出ていたギラギラ感

  2. 7
    トヨタ会長「不正撲滅は無理」の波紋…株価下落の背景に「日本のものづくり」への疑問や不信

    トヨタ会長「不正撲滅は無理」の波紋…株価下落の背景に「日本のものづくり」への疑問や不信

  3. 8
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    さらば名古屋? 中日ビシエドついに“出荷準備完了”で電撃トレード説が急浮上!

    さらば名古屋? 中日ビシエドついに“出荷準備完了”で電撃トレード説が急浮上!