桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

ユーチューバー「成功する人」「失敗する人」総まとめ

公開日: 更新日:

キングコング梶原も人気

 8日、伊勢谷友介が大麻所持で逮捕された。その3日前放送の「未満警察 ミッドランナー」(日本テレビ系)で警察学校の教官を好演していただけに残念。もっとも、この教官も最後に逮捕されてしまうわけだが……。

 大麻は自宅の机の引き出しから出てきたが、ワイドショーでは伊勢谷が自宅を紹介しているユーチューブの映像を流して「テーブルが2つ写ってますね」とやっていたが、伊勢谷もユーチューバーとは驚いた! 猫も杓子もユーチューバーになっている。コロナ禍で暇になったタレントが抑えきれない承認欲求と自己顕示欲をなんとかしたい、あわよくば大金も手に入れたいというので増殖しているのだと思う。

 キングコング・梶原や江頭2:50、オリラジ中田敦彦宮迫博之ら好感度が高くない(!?)タレントもユーチューブ界では人気がある。

 話題は石橋貴明の「貴ちゃんねるず」。2カ月前に始めて、現在のチャンネル登録者数は127万人。「清原和博3日連続スペシャル」など大物ゲストを招いて野球談議で盛り上がる。現在レギュラーは「石橋、薪を焚べる」(フジテレビ系)のみ。しかも関東ローカルで全国放送ではない。地方に住んでいる人たちにすれば、とんねるずはテレビから消えたことになっているが、ユーチューブなら全国いや全世界で見られる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレビ朝日がスクープ撮 小室圭さんの生活を揺るがす「職場さらし」は許されるのか(成城大学教授・森暢平)

    テレビ朝日がスクープ撮 小室圭さんの生活を揺るがす「職場さらし」は許されるのか(成城大学教授・森暢平)

  2. 2
    NiziU初ライブにもファン失望…コロナ禍で人気頭打ち、グループ存続も“黄信号”寸前

    NiziU初ライブにもファン失望…コロナ禍で人気頭打ち、グループ存続も“黄信号”寸前

  3. 3
    最強横綱・白鵬ついに引退決意…「一代年寄」望むも品格ゼロで“襲名NO”か

    最強横綱・白鵬ついに引退決意…「一代年寄」望むも品格ゼロで“襲名NO”か

  4. 4
    安倍前首相が高市氏肩入れから一転…「撃ち方やめ」の大号令で河野氏勝利を絶対阻止

    安倍前首相が高市氏肩入れから一転…「撃ち方やめ」の大号令で河野氏勝利を絶対阻止

  5. 5
    「高市推し」シンパの錯乱暴走…凄まじい河野氏叩き、陣営がいさめてももう止まらない

    「高市推し」シンパの錯乱暴走…凄まじい河野氏叩き、陣営がいさめてももう止まらない

もっと見る

  1. 6
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 7
    「どれもクソみたいな不祥事」K-POPスターたちの転落、女性ファン失望させ再起不能に

    「どれもクソみたいな不祥事」K-POPスターたちの転落、女性ファン失望させ再起不能に

  3. 8
    巨人自力V消滅で迫る「粛清のオフ」 V逸なら詰め腹切らされるのは…原監督じゃない

    巨人自力V消滅で迫る「粛清のオフ」 V逸なら詰め腹切らされるのは…原監督じゃない

  4. 9
    懲りない昭恵夫人「勝負の3週間」でも“マスクなし密旅行”

    懲りない昭恵夫人「勝負の3週間」でも“マスクなし密旅行”

  5. 10
    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念