桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

ユーチューバー「成功する人」「失敗する人」総まとめ

公開日: 更新日:

キングコング梶原も人気

 8日、伊勢谷友介が大麻所持で逮捕された。その3日前放送の「未満警察 ミッドランナー」(日本テレビ系)で警察学校の教官を好演していただけに残念。もっとも、この教官も最後に逮捕されてしまうわけだが……。

 大麻は自宅の机の引き出しから出てきたが、ワイドショーでは伊勢谷が自宅を紹介しているユーチューブの映像を流して「テーブルが2つ写ってますね」とやっていたが、伊勢谷もユーチューバーとは驚いた! 猫も杓子もユーチューバーになっている。コロナ禍で暇になったタレントが抑えきれない承認欲求と自己顕示欲をなんとかしたい、あわよくば大金も手に入れたいというので増殖しているのだと思う。

 キングコング・梶原や江頭2:50、オリラジ中田敦彦宮迫博之ら好感度が高くない(!?)タレントもユーチューブ界では人気がある。

 話題は石橋貴明の「貴ちゃんねるず」。2カ月前に始めて、現在のチャンネル登録者数は127万人。「清原和博3日連続スペシャル」など大物ゲストを招いて野球談議で盛り上がる。現在レギュラーは「石橋、薪を焚べる」(フジテレビ系)のみ。しかも関東ローカルで全国放送ではない。地方に住んでいる人たちにすれば、とんねるずはテレビから消えたことになっているが、ユーチューブなら全国いや全世界で見られる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声