伊勢谷友介に噴出する“人間の屑”エピソード 関係者も驚愕

公開日: 更新日:

 俳優、伊勢谷友介容疑者(44)の大麻事件は、次々と明らかになる「裏の顔」が芸能関係者を驚かせている。

 8日の家宅捜索で、都内自宅マンションから大麻計20.3グラム(末端価格12万円相当)、実に40回分の使用量を押収したことから、警視庁組織犯罪対策5課は伊勢谷容疑者が常習的に薬物を使用していたとみて入手ルートを調べている。一部では20年以上前からとされるが、そうした期間のみならず、大麻などの影響なのか、あまりの行状の悪さがボロボロと出るわ出るわ。仕事中の度重なる奇行、交際女性をエアガンで撃ったり、殴る蹴るの暴行の末、顔面陥没骨折の重傷まで負わせていたというDV、大麻パーティーを開いて使用を強要していたという証言まで報じられているのだ。ある広告プロデューサーがしみじみと言う。

「もともと伊勢谷容疑者は、キャスティングしにくいタイプではありました。芸能マスコミ嫌いらしいし、芸能マスコミにヒアリングしても、取材したい有名人として彼の名前は挙がったことがない。社会活動にも積極的と伝えられますが、得体の知れないイメージで危ない印象があったからです。今回の逮捕劇でそれは間違っていなかったとわかりました。某省庁が何年か前にイメージキャラの候補として、伊勢谷容疑者も入っていたとき、止めて本当によかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    NY州の資格持つ日本人弁護士「小室圭さんが働きながら勉強していても上司は大目に見てくれない」

    NY州の資格持つ日本人弁護士「小室圭さんが働きながら勉強していても上司は大目に見てくれない」

  2. 2
    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

    「眞子さまの乱」(20年11月)は国民の常識の一歩も二歩も前を行っていた

  3. 3
    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    鬼束ちひろ容疑者“お騒がせ歌姫”奇行の果て…救急車を蹴飛ばし現行犯逮捕→薬物検査の衝撃

    鬼束ちひろ容疑者“お騒がせ歌姫”奇行の果て…救急車を蹴飛ばし現行犯逮捕→薬物検査の衝撃

もっと見る

  1. 6
    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声

    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声

  2. 7
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

  3. 8
    “奇行歌姫”鬼束ちひろ起用で早くも話題 来年公開の「トリック劇場版」

    “奇行歌姫”鬼束ちひろ起用で早くも話題 来年公開の「トリック劇場版」

  4. 9
    秋篠宮家への逆風再び…悠仁さま「超進学校」への入学は“特別扱い”なのか

    秋篠宮家への逆風再び…悠仁さま「超進学校」への入学は“特別扱い”なのか

  5. 10
    大麻逮捕の元HKT谷口愛理 脱退後の“ギャル”激変とワル素顔

    大麻逮捕の元HKT谷口愛理 脱退後の“ギャル”激変とワル素顔