荒木経惟
著者のコラム一覧
荒木経惟写真家

1940年、東京生まれ。千葉大工学部卒。電通を経て、72年にフリーの写真家となる。国内外で多数の個展を開催。2008年、オーストリア政府から最高位の「科学・芸術勲章」を叙勲。写真集・著作は500冊以上。最新刊に傘寿記念の書籍「荒木経惟、写真に生きる。荒木経惟、写真に生きる。 (撮影・野村佐紀子)

<9>電通で特別待遇 毎日スケッチブックの写真集を作ってた

公開日: 更新日:

 電通にいたのは10年ぐらいかなぁ(1963年入社、1972年退社)。最初はアシスタントだったけど、徐々に冷蔵庫とかの商品写真や銀行やなんかの広告写真もやったね。三和銀行の岩下志麻の等身大の写真も撮ったなあ。

 仕事でモノ撮ったりしてて3年ぐらい経つと、頼まれて撮るものとかって、おもしろくないんだよね。会社とか人様の広告より、自分のことのほうがおもしろいことに気がついたんだよ。その自分のことっていうことが「私」っていうことに、「仕事」じゃなくて「私事」っていうことにつながっていくんだ。

 だって、人の宣伝するより、たいしたものじゃないけど、自分のことをやったほうがおもしろいじゃない。時流じゃなくて、自流だね。それで、自分で撮った写真のプリントをスケッチブックに貼り込んだ写真集を作り始めたんだ。

 銀座に月光荘という画材屋があってさ、そこのオヤジと仲良くなって、このスケッチブックにしようってね。B4の大きさで、日にちと、撮ったカメラとレンズも書いてたね。ミノルタSRとかね。オレは第1回太陽賞の受賞者だからさ、電通では特別待遇だったんだ(笑)。で、仕事してなかったから、毎日、スケッチブックの写真集を作ってたんだよ。タイトルつけて、レイアウトもやって、プリント貼り付けて。オレ、デザイナーの才能もあるしね(笑)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  9. 9

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  10. 10

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

もっと見る